コミュニケーション不足はしょうがない?組織のコミュニケーション不足をいますぐ解消できる方法とは?

こんにちは、りょうです。

組織において、コミュニケーションを取ることは、
業績を上げるうえでも、団結力を高めるためにも
最重要項目ですよね。

しかし、最近の会社では
コミュニケーション不足が言われており、

このサイトを見に来たあなたも

コミュニケーション不足で悩んでいますね。

 

今回は、そんなあなたのために
組織のコミュニケーション不足をすぐに解決できるための方法について
簡単にご紹介したいと思います。

 

この記事を読むことで、あなたの組織は活気づき
より連携の取れた組織へと変わるでしょう。
もう二度と、連絡が遅れたり、組織のメンバーと上手くいかないってことは無くなるでしょう。

 

で、で
その凄い1つの方法とは?

相手のことを見て、
それに対して反応する
ってことです。

こんな簡単なことでいいのって?
凄い簡単なことのように思えますよね?

 

しかし、これをすることにより、コミュニケーション不足が確実になくなります。

なぜかって、
相手の自己重要感を満たすことが出来るからです。

自己重要感・・・自分という存在は、自分にとって一番重要なものなのだ。と無意識に自分の中で思う事

自己重要感という意味は、このようなことです。
現代社会では、この自己重要感を満たせる存在がいないのです。

もちろん、自分で満たすことも可能ですが、
それは難しいですよね。

自分で、「俺は凄い」・「俺は頑張っている」
と声をかけるのは、難しいですよね。

 

だからこそ、あなたが満たしてあげることが大事なんです!
だって、誰も満たしてくれないんですよ?

だったら!
あなたが満たしてあげることで、
その人にとって見たら、あなたは素敵な存在になれるんです。

 

しかも!
あなたが、相手の自己重要感を満たしたら

きっと、あなたの自己重要感も満たしてくれますよ!

 

なぜかって、
人間は心理的に「返報性の法則」を持っています。

これは何かというと、
人は何かされたら、返そうと思う心理です。

つまり、あなたが相手の自己重要感を満たすことによって
相手があなたの自己重要感も満たさないと!

と思うからです。

 

だからこそ、
まずは、あなたから相手の自己重要感を満たしてください!

 

で、で
少し話を戻しますが、

組織のコミュニケーション不足が、
相手のことを見て、それに対して反応をするってことですね。

 

あなたはもう、なぜこのことが組織のコミュニケーション不足を解消するのか
お分かりですよね。

 

もっと分かりやすく、例を用いて説明します。

あなた:おはようございます!
Aさん: おはようございます(ちょっと疲れた顔をしている)

あなた最近疲れてない?今日は早く帰りな?
Aさん :(気づいてくれたんだ!)最近ちょっとノルマが…
疲れているかもですが、あなたの言葉が元気が出ました!

 

どうですか?
なんとなく理解できましたか?

相手のことを見て、”疲れ”を感じ取り
それに対して、あなたが言葉をかけた。

という流れです。

これによって、相手は嬉しくなり、頑張れるような気がしますよね?
これ、嘘って思うかも知れませんが、実際によくある流れです。

 

だから、嘘だと思わず、相手のことをしっかりと見て反応して下さいね!

これで、必ず!
組織のコミュニケーション不足を解消できるでしょう。

 

この記事を読んだら、
あなたが所属している組織に出向いたとき

メンバーをしっかりと見て、反応してあげて下さいね(^^♪
そのあなたの行動によって、組織が変革していくでしょう。

まずは、行動することも大切ですが、
一度シュミレーションをして、疲れている人になんて声をかけるか
考えてみても良いでしょう。

それでは今回はこれで終わります。
ありがとうございました!

コミュ障改善5step

アーカイブ

PAGE TOP