話すコツは「間」に合った?プレゼンをする時は、間に気をつけろ

皆さんこんにちは、りょうです。最近忙しくブログ投稿時間が遅くなってしまっています。しかし、なるべくは毎日投稿をしていけるように頑張りますよ!

さて今回の記事では、話すときの「間」について紹介したいと思います。皆さんの中で、ただひたすら話してしまうという人はいませんか?一方的に話してしまい、結局何を喋ったのかいまいち分からない。なんてこと誰しも体験したことがあると思います。

しかし、この記事をしっかり見れば、落ち着いて話すために間が重要だと分かり、より説得力のある話が出来るようになります!それではご覧ください。

 

 

間の効果とはーーー!?

そもそも間とは、声を発しない時間のことです。しかし、そもそも間を空けることで、聞いている人に何を与えるのでしょうか?それは、相手に考える時間を与えたり、言いたいことを効果的に伝えたりと良いことがたくさんあるんです。

しかし、間がないと相手に余裕がないと思われたり、一方的な話になってしまったりしまいますね。そうならないためにも間を空けて話すように心がけましょう。心がけるだけでもだいぶ変わってきますからね。個人的には、何も考えないより間を話すことを意識しただけで、自分にも余裕が生まれます。また、自分の言いたいことを考えられるので、本当に効果的だと思いますよ。

とはいっても、どんな時に間を空けたら良いかイマイチ分かりませんよね。それらについて今回は3つ説明していきたいと思います!

 

まず結論から言うと、強調させたいとき、考えさせたいとき、息継ぎをするとき、この3つの時に間を取れば相手に上手く伝わること間違いなしです!忙し方は、これだけでも覚えて帰ってくださいね。もっと詳しく知りたい方は、続きに具体的に書くので最後までお付き合いくださいね。

 

まず1つ目は、強調させたいときです。これはめちゃくちゃ使える間の取り方です。自分も良く使っていますね。具体的な使い方としては、「本日のおすすめは・・・こちらの商品です!」この・・・の時に間を取るということですね。これにより相手の気を引くことができますし、何か重要なことを言うのか?と思わせることができます。

自分は、この間を取っている時に、聞いている方達とアイコンタクトを取り自分に集中していることを確認して話し始めます。このくらいの余裕をもって間を取ってくださいね!

間を取ったことがない人からすると、無言の時間が辛いと思うかも知れませんが、お互いのためにも間を空けることをお勧めします。ちょっと黙って皆こっち見てるかなーと確認するくらいがちょうどよいですから、別に5秒くらい黙ってても問題ないですよ。さすがに20秒くらい黙っていたらヤバいですが(笑)。

 

次に2つ目として、考えさせたいときです。皆さんは永遠に喋られたら、こいつ何言ってるか分からんとなりませんか。これは、話している内容をイメージできないからです。間を与えないと、理解する前に新たな情報を入れられるんですよ。そりゃあ、何言ってるか分からないですよ。

間を空けるのが怖いという人は、相手に理解させる・考えさせる時間をプレゼントすると考えて下さい。こう考えることで相手のために間を空けるんだと理解できますよね?昔自分も、間を空けるのが怖くてずっと一方的に話していましたが、相手が理解できているかと考えたら、少しずつ間を空けられるようになりました(^^♪

 

3つ目は、息継ぎするときです。そんな当たり前のことをって思っていませんか?皆さんこれ忘れてません?自分がっつり忘れてましたよ(笑)。実はこれ凄い大事なんですよ。

何故大事かと言うと、早口になってしまうからです。早口の原因はしっかりと息継ぎができていない証拠であり、少ない酸素状態で話そうと思うからなのです。このように酸欠状態で話してしまえば、誰だって5分もたたないうちにへばってしまいます。

では具体的にどうすれば良いかと言うと、まず話す前に息を吐いてから自然に息を吸いそのままの勢いで喋ることを徹底してください。息を吐いてそのままはだめですよ(笑)その後自然に息を吸うということが大事です。また、話している時では句読点の場所(点と丸)の時に、息を軽く吸ってみて下さい。それだけで落ち着いてゆっくりと話すことができます。

この時注意してほしい点として、息を吸いすぎないということがあります。息を吸いすぎると、逆に詰まってしまうので、適度にはきやすいくらいがちょうど良いでしょう。自分はあまりにこのことを意識して、むせたことがあります(笑)。こうならないようにするためにも、適度な呼吸を忘れずに。

 

 

これらの3つを意識して話すだけでも、相手の伝わり方が変わってきます。間を取ると言っても、色々な状況がありますよね。そのため、今日は強調させるために間を取ってみようと1つずつ出来るようになって下さい!全部できるようになるには、時間がかかると思いますが、根気強く続けていれば必ずできるようになることですので、頑張りましょう!

それでは今回はここまでです。またね(^_-)-☆

 

 

 

コミュ障改善5step

アーカイブ

PAGE TOP