リーン・スタートアップとは? 学生にも分かりやすい経営戦略

[adchord]
今回はリーン・スタートアップという戦略方法を皆さんに分かりやすく説明したいと思います。

 

これは戦略方法と言うより、新たな物やサービスを売るときの方法と言った方が近いかもしれません。どちらにせよ、難しく考えず簡単に考えていきましょう!

 

 

リーン・スタートアップとは?

それでは、簡単にこの言葉を説明すると、

 

客の意見を取り入れて少しずつ物・サービスを直していくことです。

 

超ざっくり言いました。これだけなら、普通どこでもやってるだろって思いますよね?

これはまだ利点を話していないからです。ここからが重要です!

 

最初って新しいサービスを運用する時、これであってるのかと思いますよね。その時に何度も客から意見を取り入れることで時間とコストを最小限に抑えて良いサービスを作ることができます。

 

これって凄いですよね。だって、お客を増やせば多くの意見を取り入れ、どんどんこのサイクルを繰り返せますからね。

 

ちなみにサイクルとは、製品づくり→作り直しということです。大事なことなので2回書きました。これさえ分かっていれば、お客さんの意見を取り入れるだけですからね!

 

さらに、コストはあまりかからないっていう。最強の手法だと言えますね。

 

 

リーンスタートアップの図
リーン・スタートアップ図

上の図は実際に自分が書いてみた図です。

 

最低限の商品コンセプトを決め、後はサイクルをひたすら回していくということが分かりますよね。

くるくるっと軌道修正していきましょうね!

 

 

どんな時に使えるの?

これは、何事も始めるときに使えます。というか、皆さんも最初分からない時とかは周りに聞いてやりますよね?

 

それを何度も成功するまでずっとやるんです。

 

例えばですが、ノートを作ります。と言った時に最初は、何の機能もないですが

お客から、線が欲しい、書きやすい紙がいい、とか色々な意見をもとに改良していきます。

このようにすると成長スピードが速く、コストがかかりません!

 

そのため、ブログを始めるときにコンセプトを決め記事をある程度書いたら、ターゲットとなる人にお願いしてアドバイスを頂き、どんどん成長していきましょう!

 

このように、ブログにも活かせますし、色々なことに使えると言えるでしょう。

 

まとめ

今回は、リーン・スタートアップという手法を分かりやすく説明しました。

 

これは結構使える手法だと思います。特に最近では、SNSで多くの仲間を集められるので、やりやすい手法だと思います。

 

そのため、この手法とSNSを合わせて顧客を獲得してどんどん成長していきましょう!

 

それでは、今回も最後までご覧頂きありがとうございます!この経営戦略関連の記事が好評で嬉しいです。

もし今回の記事が良ければ、下のボタンから読者になって下さい!

 

コミュ障改善5step

アーカイブ

PAGE TOP