会話がめんどくさい時の対処法?めんどくさい時こそ○○をしろ!

こんにちは、りょうです。

 

今回は会話がめんどくさい時の対処法について紹介していきたいと思います。

この記事を見れば、

・なぜ会話がめんどくさいとなるかを知れる
・会話がめんどくさい時どうすればよいか分かる

これらが分かって

相手と会話せず悪い関係になることが無くなり、
会話がめんどくさい時でも良い関係を保つことが出来ますよ!

 

それでは早速書いていきたいと思います。

 

僕自身、会話に関するブログを運営したり
Twitterでもそういった情報発信をする時があります。

ただ、何故か

会話するのがめんどくさいなと感じるときがたまにあったんですね。
まあ、いつもだったらブログは運営していませんがw

 

時々だったので、自分自身何故か分からず
まあ良いかと気にせずすごしていました。

勿論、合わない相手と話しているとか
そういった時は多少めんどくさいと感じることもあったのですが

それは割と結構前に克服したんですよ
自分と合わない人と話すことで気づくことって多いですからね。

 

でも、そうじゃなくて
何故か会話するのめんどくさいと感じるときって誰だってあると思うんですよ。

今回は、どういう時に会話がめんどくさいと感じるのか共通点が見えてきたので、
それについてと、その対処法についてセットで解説していこうと思います。

 

基本的にこの2つが会話をめんどくさいと思わせるでしょう。

・寝起き
・単純な疲れ

 

では詳しく解説していきたいと思います。

 

寝起き

寝起きって何をするのにもきついですよね、

僕は朝起きることが苦手なので、
姉を職場まで送っているのですが

その時は会話しようとはあまり思えないんですよね。
スッキリと起きれたときは普通に出来るのですが

基本寝起きは難しいものです。

 

皆さんも、寝起きで話しかけられたら

「ん~~」って感じになりますよねw

30分くらい経つと割と大丈夫だと思うのですが
その30分がきついでしょう。

 

この対処法としては、軽い運動が非常に効果的です。

体をベッドの中で左右に動かしたり
伸びたり縮んだりすることが良いでしょう。

ただ、普通に起きてから30分くらいベッドの中にいると
割と目が冴えてくるのでそんな会話めんどくさいと思わないんですよね。

だから、急ぎではない限りは
ベッドの中で30分くらい過ごすってことが良いでしょう。

 

単純な疲れ

基本的に、会話がめんどくさいと感じるときはこれが多いです。

単純な疲れによって、脳が上手く機能せず、会話がめんどくさいと思ってしまいます。

 

では、単純な疲れってどんな事によって引き起こされるのでしょうか?

・睡眠不足
・食事をとっていない
・過労
・嫌な事が多い
・遊んでいない

まあ、上げたらきりがないですよね。

単純な疲れって、これらが合わさって起こる事が多いので
ストレスが溜まらないように、最低限のことをしていきましょう。

例えば、
睡眠不足によってミスが増えてしまい、上司に怒られて嫌になる。

こういった事って起こりがちですよね。

僕自身も、疲れによって会話をめんどくさいと思ってしまい
普通だった関係が悪くなった時はあります。

一回の悪印象から関係にひびが入るってことも割と多いので気を付けていきましょう。

で、単純な疲れから会話がめんどくさいと感じるなら
休むことが一番なのですが休めないって人も多いと思います。

なので、休みたいけど休めない時、
今日の夜まで踏ん張れれば良いけど、そこが難しい

こんな人の為に最後究極的な方法を書いて終わりたいと思います。

 

それは、
相手の話をただ聴くです。

自分が考えて発言したり、意見を言うって割としんどいですよね、

そのため、ひたすら聞き役に回っていく事をお勧めします。

話さないよりは聞き役に回り
相槌を打ち、リアクションを取るだけなら案外できます。

 

勿論、会話をしないということも1つの選択なのですが
会話をしないでむすっとしていると機嫌悪いのかなと思われてしまうので、聞き役に徹することが一番ではないでしょうか。

 

それでは今回は終わりたいと思います。
ありがとうございました。

コミュ障改善5step

アーカイブ

PAGE TOP