無理に会話を弾ませる必要はない?自分と会話が弾む人を見極めることが大切です

こんにちは、りょうです。

最近、会話を弾ませるには?という記事を結構書いているのですが
会話を弾ませなくても良い場面っていくつかあるんですよね。

今回はそれについて書いていきたいと思うのですが
この記事を最後まで見れば、

・会話へのストレスが無くなる
・どんな人となら会話が弾むかを知れる

これらが分かり、会話を嫌々する必要はなくなり
会話をして楽しい人と繋がることが出来ますよ!

それでは書いていきますよ!

 

無理に会話を弾ませる必要はない?

私自身、会話を弾ませる方法など多くの人に
教えてきたり、相談に乗ってきましたが

全ての人と会話を弾ませる必要ってないんですよね。

ちょっと想像してみて欲しいのですが、

・全く気の合わない人
・なんか生理的に受け付けない人
・自分を馬鹿にしてくる人

こんな人と会話していてもつまらないというか、
ただただ精神が疲弊していきますよね。

例えばですが、

私  :めっちゃ笑顔だけど良いことあったの?
A君:なんもねぇよ!

私  :ごめんね!普通に気になっただけだよ!
A君:あっそ

こんな人が居た時に、無理して会話を弾ませたいと思いますか?

私ならこの場からすぐ去るようにしています。

この時に大事なこととして、
自分と完全に合わない・自分を否定し続ける人と無理に会話しなくても良いという事が大切です。

なぜこれが大切かと言うと、
無駄に自分の良いオーラが消えていくからです。

例えば、相手に優しい気持ちを10ポイントを使えるとしたら
あなたは誰にこの10ポイントを使いますか?

 

私ならめっちゃ仲の良い友達何人かと彼女に使い切ります。
それで余った1ポイントを見ず知らずに人に使うかなという感じです。

あなたならどうしますか?
日常生活で10ポイント全部、自分と合わない人に使っていませんか?

いや、自分と合う友達がいないんだ!!!
という方は下の記事を見て会話を弾む方法をマスターして下さい(^^)/

 

で、
今現在、自分と合わない人・自分を否定する人に
自分の優しいポイントを使っている人は危険です。

何が危険って、自分の優しいポイントがただただ吸われていくんですよ。

逆に自分と合う人、自分に優しくしてくれる人に優しいポイントを使うことで
驚くほど優しいポイントが循環するんですよね。

 

優しいポイントが循環するとはどんなことか説明するために
私が昔体験したことを少しお話します。

私自身、会話することが本当に苦手で
高校の時はだいぶ人と話すことが慣れて行ったのですが

その時にとても良い友達と出会ったんですよね。
凄い自分に話しかけてくれたり、一緒にご飯を食べたり

で、で、
私が入学した学校の中では結構頭が良い方で
その友達に凄い勉強を教えていたんですよね。

もうこの時点で優しいポイントが飛び交っているのが分かりますか?(笑)
その後にもこの友達が優しく、私が忘れ物したら他のクラスの友達にまで借りに行ってくれました。

優しいポイントが凄い入り乱れていますよね(笑)

この私の体験談を見て少し分かったかと思いますが、

優しいポイントを交換できる人と付き合う方が良いと
何となく分かってもらえると嬉しいです。

 

 

どうやって自分と合う友達を見つけるか?

最後に自分と合う友達の見つけ方について説明して終わりたいと思います。

私は、自分と合う友達の見つけ方は2つしかないと思っていて、

  • 自分→相手
  • 相手→自分

この二通りしかないんですよね。

これの意味と具体的な方法について詳しく書いていきたいと思います。

自分→相手

この意味は自分から相手ということで、
自分からアプローチすることで相手に興味を持ってもらうという方法です。

「いや、どうやって興味を持ってもらうんだよ」と思う人もいると思いますが
同じような趣味とか、似ている人と一緒にいたいと思いませんか?

例えば、カラオケが好きな人同士にしか分からないことってあるじゃないですか?
この曲は点数取りやすいとか、この曲で盛り上がりたいとか

相手と共通点があると簡単に、「自分と合いそう!」と分かりますよね!

そのため、自分からアプローチすることで合う人を探す
自分→相手ということですね。

自分からアプローチする時に大事なことは
自己開示をするという事になります。

自分からこれが好き、最近こんなことをしたと発信することで
自分と合う人が自然とやってくるはずなので。

まあどんな人か分からないと近づけないけど
その固い扉を開くために共通点とかがあると開けやすいよねという感じです。

自己開示については下の記事にまとめておりますのでこちらを参考にして下さい。

 

相手→自分

続いて、相手からアプローチが来たら自分の優しいポイントをあげるという流れの相手→自分について解説していきます。

相手から自分に話しかけてきたら、そりゃあ何かしら自分に興味がある訳なので
その人に積極的に優しくすることで、仲が深まるという事ですね。

まあいたって単純なのですが、普通にしていて自分に話しかけられるはずはないので
上の自分→相手より難易度は高いですね。

じゃあどうやって相手から話しかけられるようになるかと言うと、
話しかけやすそうな雰囲気が大切です。

凄い抽象的で分かりにくいかと思いますが、なんか話しかけやすそうな人っているじゃないですか?
そういった雰囲気を作り出すことが大事なのですが、具体的に2つ紹介したいと思います。

・笑顔で誰とでも話す
・人への気配りを忘れない

このような相手に対して優しいことをすることが大切です。

これって根っからの優しさがあるかないかが大事なので、
常日頃からこういった事に気を付けていることで相手から話しかけられるようになるのではないでしょうか?

 

まあ相手から話しかけられるって結構難しいことなので、
まずは自分から話しかけて行って自分と合う人を見つけましょう!

 

今回は、無理に会話を弾ませなくても良いという話から
どうやって自分と合う人をみつけるかという

ボリュームの多い記事になりました。

今回言いたかったことは無理に会話が弾まない人と付き合わなくていいし
そういった人と付き合っても自分が辛くなるだけということが分かって頂ければ嬉しいです。

ここまで見て頂いてありがとうございました!

 

P.S.
優しいポイントとは何ぞや…

 

最後にお知らせです!

毎月5人限定でこのブログから

・話すことが苦手ですぐ無言になる
・言いたいことが伝わらず周りの空気が凍る
・相手に上手く話しかけられない

これらに関する内容のみになりますが、悩み相談&ヒアリング等をしたいなと考えています。
折角なのでちょっとしたアドバイスもできたらなと♪

もし興味がある人は人数限られているので
お早目に私のツイッターにDMして頂けると嬉しいです(^^♪

因みに今月の枠は1つ埋まりました。私も時間が限られているので、何十人も対応はできないんですよね(*_*)
なので、本当に解決したい人はお早目にお願いします!

それでは、またね~~!

コミュ障改善5step

アーカイブ

PAGE TOP