会話が弾むコツは言葉だけじゃない?本当に大切なことは言葉以外にあった?

こんにちは、りょうです。

僕自身、人と話すということが昔は苦手で
話術とか心理テクニックとかの本を結構読んだのですが

結果として会話が弾むことが無かったんですよね。

ただ今回書く内容を私が実践した結果

・言葉に頼らずに会話を弾ませることが出来るようになった
・信頼関係を築き会話を弾ませる方法を知ることが出来た

これらが出来るようになり、話術ではない真のコミュニケーションスキルで会話が弾むようになり、会話をする時に二度と会話が弾まないということが無くなりますよ。

それでは早速書いていきたいと思います!

会話が弾むコツは言葉だけじゃない?

突然ですが、会話を弾ませるために何が必要だと思いますか?

雑談力?
心理学的な話術?
会話力?

どれも正しいようでどれも違います。

ではなぜどれも違うのか簡単に説明していきましょう。

 

メラビアンの法則

メラビアンの法則という言葉をご存知ですか?

コミュニケーションを学ぶ上で結構大切な人間心理の法則なのですが
ざっくりと簡単に説明すると

人は相手とコミュニケーションを取る際、何をどのくらい重視するかと言うと、

7%・・・言葉
38%・・・声の抑揚、話し方
55%・・・フィジオロジー(動作、仕草、態度)

上のグラフと説明の通りなのですが
言葉は7%しか意識されていないって驚きですよね。

私はこれを知った時本当か?と疑いましたね(笑)

その後に声の抑揚や話し方が大事とされて、フィジオロジーが大切とされています。

声の抑揚とか話し方と言うと、
どのタイミングで大事なワードを大きい声でいうかとか、どのテンポで話すかという所ですね。

最後にフィジオロジーとはジェスチャーとか姿勢とかのことですね。
相手が崩れた姿勢で話しているのかや、どんなジェスチャーをしているのかという所が大事になってきますね。

 

言語7%、非言語93%

ここまで読んできて分かったという人もいると思いますが

言語的なことが7%意識されていて、
非言語的なことが93%意識されているんです。

 

これ正直信じられない事のように感じますが、

先程説明した通りなのですが、メラビアンの法則という人間の心理によって
決められているのであなたが信じないとしても無理なんです(笑)

このタイトルの通り、言葉以外でも会話はできちゃうんですよね。

例えば、ジェスチャーだけでも何となく伝わる時ってありますよね?

・それ取って!
・この丸いやつって何なんだろうね
・まじで!このくらい大きかったんだよ!

文字だけじゃ何のこと?と言う時も
ジェスチャーで示したり、身振り手振りで示してあげると案外簡単に分かりますよね!

このほかにも言葉では何とも分からないようなことでも
非言語的な事を使えば基本的に何でも分かるようになっているんです。

 

言葉以外でどうやって会話を弾ませるの?

では実際言葉以外でどうやって会話を弾ませるかについて説明していきたいと思います。

あまり難しいことを書いて、意味わからなくて終わるという事も嫌なので、
すぐに行動に移せて結果が出やすいものを3つ紹介するので是非試してみて下さい。

 

間を空ける

あなたは相手と会話する時にぐだぐだ永遠に話していませんか?

プレゼンや雑談が上手な人は間を活用しています。

これによって相手の興味を引くんです。
使い方もいたってシンプルで、自分の言いたいワードや重要なキーワードの前に2~3秒くらい間を置きます。

これによって、相手は「次何を言うんだろう」と興味を引かれあなたの話を聴いてくれます。

 

私も最初は慣れずに、逆に早口になったり焦ったりしてしまいしました。
しかし、言いたい事の前に一呼吸しようとしてからは簡単に間を空けられるようになりました!

もし間を空けることが難しいなと思った場合は、
呼吸することを目標にすると自然に間を空けられるのでお勧めですよ(^^)/

 

ジェスチャーで表現する

自分の伝えたい事を言葉だけで伝えるって結構難しいんですよね。

それは先ほど説明した通り、言葉というものがあまり意識されておらず
基本的には非言語的なことが意識されているからですよね。

その非言語的なことでも私が一番大事だと思うことが
ジェスチャーで表現するという事です。

例えば、

凄いよい”キカイ”があったんですよ!

このように言われたときあなたはどんなことを想像しますか?

機会と機械という二通りの意味が思い浮かべられますよね。

この時にジェスチャーを加えると一発で伝えることが出来ますよね!

勿論、相手から質問をされたり、言葉をもう少し付け加えたりすれば分かりますが
ジェスチャーを加えることによってさらに分かりやすくなりますよね!

 

相手に姿勢を合わせる

相手に姿勢を合わせるということも非言語的なことですよね。

これをやることでなぜ会話が弾むのかというと
先程言った通り、非言語的なことが大事と言ったじゃないですか?

だからこそジェスチャーとか間を空けるとかそういった事も大事なんですが、
それを合わせるといった事も大切なんですよね。

合わせることによって親近感や似ている感がでるんですよね。

それが共通点になったり、似通っている点になって
相手と仲が深まって会話が弾んでいくんですよ!

相手と会話する時に仲が悪いと
会話は弾みませんよね。

そのため相手に姿勢を合わせることによって、
仲が深まり会話が弾むと思ってもらえると分かりやすいと思います。

 

ということで、3つ言葉以外で会話を弾ませる方法を書きました。

今までの方法とは少し違うので、戸惑った人が居たかもしれませんが
会話という事においては言葉って案外重要視されていないと感じてもらえたら嬉しいです。

後は、会話の弾ませるための話の進め方とセットでこれらを行うと
2倍にも3倍にも会話を弾ませることが出来ますので、

それについて詳しく書いた記事も是非読んで頂ければ
さらに会話力を付けられるのではないでしょうか?

 

それでは今回は以上です。

 

最後にお知らせです!

毎月5人限定でこのブログから

・話すことが苦手ですぐ無言になる
・言いたいことが伝わらず周りの空気が凍る
・相手に上手く話しかけられない

これらに関する内容のみになりますが、悩み相談&ヒアリング等をしたいなと考えています。
折角なのでちょっとしたアドバイスもできたらなと♪

もし興味がある人は人数限られているので
お早目に私のツイッターにDMして頂けると嬉しいです(^^♪

因みに今月の枠は1つ埋まりました。私も時間が限られているので、何十人も対応はできないんですよね(*_*)
なので、本当に解決したい人はお早目にお願いします!

それでは、またね~~!

コミュ障改善5step

アーカイブ

PAGE TOP