ベンチャー企業はひそひそ話で組織のルールを浸透させろ!?

お疲れ様です、りょうです。

今回の記事を見れば、

・組織のコミュニケーションが円滑になる方法が分かる
・組織のルールを浸透させる方法が分かる

 

これらが分かると思うので、
なかなか連携が取れないなという状況を打破し、チームプレイを取れるようになるでしょう。

 

僕は昨日ラーメン屋さんに行ってきました。

そこはほぼカウンター席しかなく、
なかなか入れないような混んでいるお店。

そこに入った瞬間思ったのですが、
皆、自分の食べた食器を台の上に置いたり、棚に置いて帰ったりしていました。

これってチェーン店とか紙にルール書いてあると分かるんですよ。
マックとかって片付ける場所があってそれが当たり前だよねみたいな。

 

しかし、僕の行ったラーメン屋さんは
ルールなんか書いておらず、皆やっているから皆やるみたいな感じでした。

皆常連でそれが分かっているとかではないんですよ。

何故かって、先に食券買って下さい~と店主が言っていたので
さすがに何度も来ていれば分かるじゃないですか。

 

そのため、常連だけではなく、
新規のお客さんもいたのですが、皆食器を下げて帰って帰っていきました。

勿論僕も同じようにしたのですが、
なんかそれが当たり前になるって凄いなと思いました。

 

でも、これって結構当たり前じゃないですか?

皆さんも新しい土地に入ったり、
新しいことをやる時は、

皆これやってるから、俺も真似してみようとなりますよね?

 

これを理由に色々面白いことが出来るんじゃないかなと僕は思います。
何かしらのコミュニティで10人中7人くらいが挨拶を絶対笑顔でしようとか決めると皆笑顔になりそうだなと感じます。

そんな感じで良い習慣が作られると良いですよね。

 

つまり、組織のルールでも
まずは少人数でも良いから、ひそひそと打ち合わせをしましょう。

それでルールを決めて皆で実践する、
新しく入ってきた人は何となく真似をしだす。

 

これって、小さな企業こそ効果がありそうな気がしますね。

まあ、何かしらのルールを浸透させたい時は
是非この方法を試してみて下さい。

それでは終わります。
ありがとうございました。

コミュ障改善5step

アーカイブ

PAGE TOP